日本ACLS協会
ハートセイバー・ファーストエイドコース
[受講時間]
約4時間半 
[受講対象者]
スポーツインストラクター、施設職員、学校や幼稚園の先生方、企業安全衛生管理者、アミューズメントパーク職員等 応急手当に関心がある人を対象としたコースです。
※医療従事者(医師、看護師、救命士等)の方々にもお勧めの コースとなっています。
 
[内容]
けがや突然の発作等を起こした傷病者に対して、傍にいる人が、医療機器がほとんどない状態でまず、最初に行う評価と処置の方法を学びます。
●応急手当の基本:いつ119番すべきなのか? 現場で最初に行うことは?
●内科救急:呼吸障害、窒息、アレルギー反応、心臓発作、失神、糖尿病と低血糖、脳卒中、けいれん等
●けがの救急:出血、傷、目に見えない出血、骨折と捻挫、やけどと感電等
●自然環境による救急:動物(ヘビ等)に噛まれた時や虫(蜂やクモ等)に刺された時 高温・低温による緊急事態、毒性物質による緊急事態
以上のような症例に対する対処法を学びます。
 
[当日必要な教材]
AHAガイドライン2010準拠
ハートセーバー・ファーストエイド CPR AED テキスト
 
[筆記試験]
なし 
[実技評価]
あり 
[合格基準]
1)コースにきちんと出席していること。
2)テキストに付録しているテストをその場で行い、ディスカッションに積極的に参加すること
3)スキルテストに合格すること
 
[標準受講料]
 7,600円 
[合格認定証]
Heartsaver First Aid Card (有効期限2年間)
※カードは英文です。 

※このページの著作権は全て日本ACLS協会に属します。許可なく転用、掲載はご遠慮下さい。

教材について
受講の注意点
当日の準備

コースの概要に戻る

 
コースを受講する
 →ハートセイバー・ファーストエイドコースの開催予定検索


→トップページへ  

Copyright