日本ACLS協会
ACLSプロバイダーコース
[受講時間]
 2日間(15時間程度) 
[受講対象者]
医師、看護師、救急救命士、その他メディカルスタッフ。 
[受講条件]
<共通事項>
1)AHAのBLSヘルスケアプロバイダーコースを履修していること。
2)上記のカードを有していることに加えて質の高いCPRが行えること。
3)ACLSプロバイダーマニュアル(AHAガイドライン2010準拠)に記載されている10の核となるケース(Core Case)を理解していること。
4)ACLSプロバイダーマニュアル(AHAガイドライン2010準拠)に記載されている核となるケースのためのACLSアルゴリズムを理解していること。
 
<新規受講時>
ACLSプロバイダーコース(G2010)受講申込み時に以下のいずれかのAHA資格カードを提示できること。
有効期限内のAHA BLS for HCPカード
有効期限内のAHA BLSインストラクターカード
 
<更新受講時>
ACLSプロバイダーコース(G2010)受講申込み時に以下のいずれかのAHA ACLSカードを提示できること。
AHA ACLSプロバイダーカード
AHA ACLSインストラクターカード
※AHA ACLSプロバイダーカード、AHA ACLSインストラクターカードの有効期限は問いません。
※ AHA BLSプロバイダーカードを、ご提示いただく必要はございません。

※下記の場合、FAXにてカードの確認をさせていただいております。あらかじめご了承下さい。
1:日本ACLS協会(JAA)以外の団体で受講されたAHA ACLSプロバイダー、もしくはAHA ACLSインストラクターカードを保持されている場合
2:有効期限を過ぎたAHA ACLSプロバイダー、もしくはAHA ACLSインストラクターカードを保持されている場合ACLSプロバイダーコース受講申込み時に以下のいずれかのAHA ACLSカードを提示できること。
 
[内容]
二次救命処置を学ぶ
心停止のみにとどまらず重症不整脈、急性冠症候群、脳卒中の初期治療を学ぶ

 
[当日必要な教材]
ACLSプロバイダーマニュアル(AHAガイドライン2010準拠)日本語版
ポケットマスク
 
[筆記試験]
あり
 
[筆記試験合格基準]
84%以上の正解 50問中42問以上の正解が必要
 
[再試験]
84%未満の場合は当日1回のみ再試験を行う 
[実技評価]
あり 
[合格基準]
1)コースにきちんと出席していること。
2)AHAの求める実技の能力が十分であること。
3)筆記試験において84%以上正解していること。
 
[標準受講料]
 38,300円 
[合格認定証]
ACLS Provide Card
(有効期限2年間)

※カードは英文です。 

※このページの著作権は全て日本ACLS協会に属します。許可なく転用、掲載はご遠慮下さい。

教材について
受講の注意点
当日の準備

コースの概要に戻る

 
コースを受講する
 →ACLSプロバイダーコースの開催予定検索


→トップページへ  

Copyright