日本ACLS協会
PALSプロバイダーコース
[受講時間]
 2日間
 
[受講対象者]
医師、看護師、救急救命士、その他メディカルスタッフ。
 
[受講条件]
<共通事項>
1:AHAのBLSヘルスケアプロバイダーコース又は、PALSプロバイダコースを履修していること。
2:上記のカードを有していることに加えてAHAガイドライン2010に準拠した質の高いCPRが行えること。
 
<新規受講時>
PALSプロバイダーコース(G2010)受講申込み時に以下のいずれかのAHA資格カードを提示できること。

●有効期限内のAHA BLS for HCPカード
●有効期限内のAHA BLSインストラクターカード
●有効期限内のAHA PEARSプロバイダーカード
●有効期限内のAHA PEARSインストラクターカード
 
<更新受講時>
PALSプロバイダーコース(G2010)受講申込み時に以下のいずれかのAHA PALSカードを提示できること。

●AHA PALSプロバイダーカード
●AHA PALSインストラクターカード

※ AHA PALSプロバイダーカード、AHA PALSインストラクターカードの有効期限は問いません。
※ AHA BLSプロバイダーカードを、ご提示いただく必要はございません。

※下記の場合、FAXにてカードの確認をさせていただいております。あらかじめご了承下さい。
1:日本ACLS協会(JAA)以外の団体で受講されたAHA PALSプロバイダー、もしくはAHA PALSインストラクターカードを保持されている場合
2:有効期限を過ぎたAHA PALSプロバイダー、もしくはAHA PALSインストラクターカードを保持されている場合
 
[内容]
G2010に準拠する内容で学ぶ項目として
1)心停止の危険性のある小児の病態識別と治療
2)体系的アプローチを用いた小児の評価(一般的評価、初期評価、二次、三次評価)とそれに基づく重症度分類、決定、治療行動の手順
3)PALSアルゴリズムとフローチャート
4)効果的な蘇生を行うためのチーム力が含まれます

本コースを受講することによりあなたは以下の知識とスキルを身につけることができます。
1)呼吸性、循環性、その他のショックに対する評価と治療
2)不整脈の解析とそれに基づく適切な電気ショックや薬剤の使用
3)チームリーダーとしての実行力

コース受講対象者は、小児科医はもとより小児科以外の医師、看護師、救急隊員で小児医療に関わりを持っている、あるいは関心のある医療従事者です。
 
[当日必要な教材]
AHAガイドライン2005準拠 PALSプロバイダーマニュアル
(日本語版と英語版があります。どちらを使用してもかまいません。)
テキストと合わせて『アメリカ心臓協会 心肺蘇生と救急心血管治療のためのガイドライン2010(2010American Heart Association Guidelines for CPR and ECC)』のハイライトをダウンロードし、事前に学習して下さい。
  ダウンロードはこちらから(PDFファイル 携帯で表示できない場合は、PC等でダウンロードしてください)。
ポケットマスク
 
[筆記試験]
あり
 
[筆記試験合格基準]
84%以上の正解
25問中21問以上の正解が必要

 
[再試験]
84%未満の場合は当日1回のみ再試験を行う
 
[実技評価]
あり
 
[合格基準]
1)コースにきちんと出席していること。
2)AHAの求める実技の能力が十分であること。
3)筆記試験において84%以上正解していること。
 
[標準受講料]
 42,300円
 
[合格認定証]
PALS Provider Card
(有効期限2年間)

※カードは英文です。
 

※このページの著作権は全て日本ACLS協会に属します。許可なく転用、掲載はご遠慮下さい。

教材について
受講の注意点
当日の準備

コースの概要に戻る

 
コースを受講する
 →PALSプロバイダーコースの開催予定検索


→トップページへ  

Copyright