日本ACLS協会
PEARSプロバイダーコース
[受講時間]
 1日間 (8時間程度)
 
[受講対象者]
医師、看護師、救急救命士、その他メディカルスタッフ。
小児診療だけでなく全ての急変時の患者の初期判断(重症度と呼吸と循環の生理学的異常の判断)に興味のある医療従事者ならどなたにも受講が可能です。
 
[受講条件]
1)医師、看護師、救急救命士、その他メディカルスタッフ
2)AHAガイドライン2010に準拠した質の高いCPRが行えること。
 
[内容]
院外、院内を問わず乳児、小児の呼吸、循環に関わる病態を短時間に評価し適切な対応を行うための1日コースです。 とくに乳児、小児を重度な病態に陥らせないよう体系的アプローチ法に従って患者急変時の初期評価方法を学ぶ内容になっています。本コースは成人や外傷小児にも応用できます。
治療法にも踏み込んだ2日間のPALSとの相違点は、乳児、小児への初期評価法がコース内容の中心となっている事です。 PALSは主に小児科医や小児を治療する医師、治療内容を知っておくべき看護師に焦点を当てていますが、PEARSはPALSコースの中に盛り込まれた初期評価を重点的に学ぶ事が出来るよう設定され、PALSコース受講を希望される方のプレコースとなっています。また、 BLSと同様に医師はもちろんのこと、小児、乳児に最初に接する可能性のある看護師、救急隊員等すべての医療従事者に必須のコースと言えます。
 
[当日必要な教材]
「PEARS Provider Manual」G2010(英語版)
ポケットマスク (小児)
 
[筆記試験]
あり
 
[筆記試験合格基準]
84%以上の正解
30問中25問以上の正解が必要

 
[再試験]
84%未満の場合は当日1回のみ再試験を行う
 
[実技評価]
あり
 
[合格基準]
1)コースにきちんと出席していること。
2)AHAの求める実技の能力が十分であること。
3)筆記試験において84%以上正解していること。
 
[標準受講料]
18,100円
 
[合格認定証]
PEARS Provider Card
(有効期限2年間)

※カードは英文です。
 

※このページの著作権は全て日本ACLS協会に属します。許可なく転用、掲載はご遠慮下さい。

教材について
受講の注意点
当日の準備

コースの概要に戻る

 
コースを受講する
 →PEARSプロバイダーコースの開催予定検索


→トップページへ  

Copyright