2017年のTOPICS

2017/10/03 (火) G2015テキスト修正及び変更について
AHA(アメリカ心臓協会)よりガイドライン2015のテキストの修正及び変更に
かかる連絡がまいりましたので、ご連絡いたします。

下記よりクリックしてダウンロードし、ご確認下さい。

ハートセイバーFACPR AED 受講者用ワークブック(英語版)
ハートセイバーFA CPR AED インストマニュアル(英語版)
ハートセイバーFA CPR AED コースDVD(英語版)
BLSインストラクターマニュアル2016/4/4(英語版)
BLSインストラクターマニュアル2016/5/14(英語版)
ACLSプロバイダーマニュアル(英語版)
ACLSインストラクターマニュアル(英語版)
ACLSプロバイダーマニュアル(日本語版)
2017/07/04 (火) よしか・夢・花 マラソン救命事例報告2
4月30日。今年で6年目になります「救護班」の出動です。
六日市病院の職員とNPO法人六日市ECC協会の会員、総勢22名がコースの6か所の救護所にわかれ、ランナーの救急事態に備えました。
今年は、いい天候となり、ランナーの体調が朝のミーティングの時から心配でした。
案の定、CPA(心肺停止)が10キロ付近で発生しました。しかし適切な胸骨圧迫とAEDの使用そして救急搬送により助けることが出来ました。念のためドクヘリで三次救急指定病院に転送することになりました。(救命の連鎖が上手く働きました)
昨年「ハートセイバーCPRAEDコース」を受講した六日市中学校教員と六日市学園教師が今回の心肺蘇生に関わりあい、大切な命を助けることができました。
我々が救護班として参加してから6年間で3度目のCPAでしたが、全て助けることが出来ています。
この結果は、NPO法人六日市ECC協会や六日市病院の心肺蘇生教育の成果です。
今年で6年目になる町内中学生(教員も含む)に対してのハートセイバーCPRAEDコースの受講も継続していく必要がありますし、重要性が増してきました。
このマラソン大会だけではなく、心肺停止になった方に対して即座に躊躇せずに心肺蘇生ができるような素晴らしい町づくりを目指して今後も活動していきます。
2017/06/16 (金) 「ACLS Press」ホームページ リニューアルオープン!
テキスト販売等の「ACLS Press」のHPをリニューアルオープンいたしました。
購入しやすくなりましたので、是非ご利用ください!
2017/02/08 (水) AHA ガイドライン2015 BLS DVD 発売予定のお知らせ
2017/01/20 (金) ガイドライン2015テキスト販売お知らせ(2017.1.20現在)
  ガイドライン2015の日本語版テキストを下記の通り、販売しております。
受講お申込みの際に合わせてご購入下さい。

  ・BLSプロバイダーマニュアル    AHAガイドライン2015準拠
  ・BLS インストラクターマニュアル       〃
  ・ECC(救急心血管治療)ハンドブック G2015 
  ・AHA心肺蘇生と救急心血管治療のためのガイドランアップデート2015

 ACLSプロバイダーマニュアル日本語版も2月15日発売予定です。

top

過去のTOPICS一覧

2017年のTOPICS
2016年のTOPICS
2015年のTOPICS
2014年のTOPICS
2010年のTOPICS
2009年のTOPICS
2008年のTOPICS
2007年のTOPICS
2006年のTOPICS
2005年のTOPICS
2004年のTOPICS

 

top